農業じゃなく農ライフ

農ライフ = 自然と共にある暮らし

農ライファーズは
農作物の作り方を学ぶ
コミュニティではありません

自然環境の中での「暮らし」と
「商い」の両輪が豊かになる
持続可能な生き方「農ライフ」は
今後ますます世界的なスタンダードに
なっていくと考えます

より自分らしい生き方を模索する
仲間が集まり、学び、考え、創造し
共にウェルビーイングを
高め合っていくコミュニティ
それが「農ライファーズ」です
澄んだ空気、美味しい湧き水

青々と緑茂る山

清く流れる川、豊かな食を育む畑

それを生み出す種、力強く佇む雑草

里山の景色に溶け込む石垣

人々が支え合い暮らす里

素朴な田舎料理、未来へ継承されるお祭。

農という文化の中には
普段の生活では気づかない
しかし確かな価値の
風景や物語が沢山在ります

その豊かさを知って
愛でて、磨き上げることで
自らの存在意義に気づいて
自身の人生を充実させていく
ぜーんぶ無料
まずは専用の公式LINEアカウントに登録
農ライファーズでは「農ライフ = 自然と共にある暮らし」を通じてウェルビーイングを高めるための独自プロセスに沿ったサービスを用意しています。
農ライファーズの朝活
農ライフ実践者や、これから実践していきたい人々が集まってコミュニケーションできる新しい出会いに満ち溢れた場所です。毎週月曜AM6:00からオンラインで開催していきます。※11月14日(月)スタート予定
農ライファーズのトークライブラリ
日本屈指の農ライフ実践者たちが様々な切り口で繰り広げるトーク集を聴き放題。ここでしか聴けない「暮らし」と「商い」のウェルビーイングを高める秘訣を語ります。
農ライファーズのツアー
プロ農ライファーのもとに学びに行ってウェルビーイングを高める。彼らの農的暮らしの豊かさを実体験して、心と身体の健康を育むアグリツーリズムを不定期で開催していきます。
農ライファーズのフェス
アート、ビジネス、ライフスタイル、各分野の第一線で活躍する農ライフ実践者たちが、オンラインで集結。LIVEでトークを繰り広げるフェスを、季節ごとに不定期開催します。
企業や団体からのオファーメール(Coming Soon)
地域活性化を目論むあらゆる企業や団体(NPO・NGO・学校・自治体・中小企業)からの求人を中心としたオファーメールが随時送られてきます。
農ライファーズの目安箱
目安箱は、気軽にどんな悩みも投げかけられる箱です。 農ライフを実践していく上での何でもお悩み相談をLINEで投げかけると、翌週の朝活で解決策がフィードバックされます。
農ライファーズのサークル(Coming Soon)
『農』で「暮らし」と「商い」を豊かにする様々なテーマのサークル活動に誰もが参加し放題。それぞれ共通の目的を持ったメンバー同士が主体性を持って活動し共に成長します。
農ライファーズの
スクールメニュー

農ライフを持続可能なカタチに深堀りすべく「農村でのプチ起業」を成功させるノウハウが学べる『コンパクト農ライフ塾』など各種スクールカリキュラムに参加(有料)できます。

理想の農ライフ実現に向け、仲間や先輩たちと学びを深めましょう。

成功する小さい農家の営み方を学ぶ 完全オンラインの農ビジネス起業塾
田舎暮らしのスタートアップを応援する移住希望者向け研修プログラム
【農林水産省委託事業】都市で働く人々向け超実践型研修プログラム

#ウェルビーイング  #リトーリート  #サスティナブル  #移住 二拠点生活  #半農半X  #新規就農  #ワーケーション #家庭菜園 #古民家再生  #限界集落再生  #耕作放棄地再生 #伝統文化  #農村ツアー  #自給自足  #小規模農家  #オーガニック #少量多品目野菜  #6次産業化  #農泊  #地域交流  #担い手不足解消 #エコロジー  #循環 #再生エネルギー #パーマカルチャー #DIY

30秒で完了!
ご登録方法(無料)
お申し込みの流れ
気候危機、世界情勢の悪化、経済不安、人口減少など、いま僕たちの暮らしを脅かす話が世の中にいっぱいあります。

その中にあって、僕らはどう未来をカタチづくっていくべきか。答えは「自然の中にある」と思っています。

農ライファーズとは、
「農ライフ=自然と共にある暮らし」を探究する仲間が集まり、繋がり、共に知恵を共有し合う場のこと。

このコミュニティでの活動のプロセスで、「健康」にめざめ「人間関係」が円満になり「サバイブ」を楽しめるようになり「進化」が加速、そして「自己信頼」が高まっていく。

ウェルビーイングが高い人々が僕らの周りに増えれば、 もっとこの世界はキラキラする。みんな既に素敵な才能を持っている。

その才能を持ち寄って
未来を一緒にオモシロくしていこう\(^o^)/
農ライファ―ズ株式会社 代表取締役
井本 喜久

パートナー企業・団体一覧

パートナー企業募集
農村では人口減少による担い手不足が加速しています。

一方、都会では疲れて働くビジネスパーソンが多く「仕事に自信を持って働いている人の数」はGPD上位22カ国中、日本は最下位です。

この現実にどう立ち向かうか。

答えは「農ライフ」を通じてウェルビーイングの高い人の数を増やすこと。

自分の存在価値に気づいて、世の中の新たな価値を生み出していける人口を増やすことが、いま最もこの日本に必要なことだと私たちは信じています。


是非、共に手を携えて、
農ライフ人口を増やし地域を、日本を元気にしていきましょう。
さぁ、共に
豊かな未来を切り拓こう